バイアグラの主成分はシルデナフィルです。勃起不全に効果があるとされています。また、副作用には身体のほてりや頭痛、めまいなどが報告されています。服用する際は服用するタイミングや効果時間も、知っておく必要があります。

バイアグラ服用前の確認サイト

2016年08月の記事一覧

バイアグラを飲むならお酒の量と消化不良に注意

ED治療薬のバイアグラは安全性が高い医薬品として世界各国で認められています。
しかし、どういった医薬品にも副作用と注意点が存在します。初めてED治療を行う方は正しく医薬品を使わなければリスクを自ら背負い込む事になりますので、しっかりと医師の指導を守って飲みましょう。

第一にバイアグラには併用禁忌の医薬品があります。しばしばお薬は二種類以上、同時に併用してはいけないと言われますが、その理由はとても単純で、胃の中で異なる成分を持つ医薬品が交じり合うと大変危険な体調に至るためです。
バイアグラも例外ではなく、特に心臓疾患系の成分と相性が悪く、全ての医師が併用を禁じています。
ニトログリセリンなどの成分を含む持病の医薬品を日常的に飲んでいる方は、悲しい結果になりますが、ED治療薬を追加で飲む事は極めて困難です。
ニトログリセリン以外にも危険な成分はありますが、心臓などにハンディキャップを抱え、医師からお薬を処方されている方は事前に相談しておき、バイアグラ服用の合否を専門家に考えてもらいましょう。

第二にバイアグラをはじめとするED治療薬はお酒との併用も苦手です。
お酒といっしょに服用すると、アルコールが体内に残りやすくなる、あるいは泥酔に至りやすい等、体調の変化が激しくなります。
ただ、ごく僅かな飲酒量であればバイアグラの効果を阻害しませんので、ED治療薬を飲んでセックスに挑む日は、ビールやワインの量を意識的に下げましょう。

第三の注意点ですが、バイアグラには低リスクではありますが、いくつかの副作用があります。
体の火照りや頭痛、めまい、立ちくらみ、消化不良、背中や太ももの筋肉痛、目が血走る等、
普段とは違う体調になる恐れがありますので、飲む際は副作用が生じ次第、休憩が取れるプライベートな場所を選びましょう。
それらの副作用はいずれも軽度ですので、休憩を少しとれば自然と消化不良等は自然治癒します。

続きを読む