バイアグラの主成分はシルデナフィルです。勃起不全に効果があるとされています。また、副作用には身体のほてりや頭痛、めまいなどが報告されています。服用する際は服用するタイミングや効果時間も、知っておく必要があります。

バイアグラ服用前の確認サイト

バイアグラとカマグラゴールドと前立腺肥大症について

勃起不全で悩んでいる男性は、非常に多いです。
勃起不全の治療薬として、世界で爆発的に売れたのが、バイアグラです。
バイアグラの成分は、シルデナフィルです。
シルデナフィルは、勃起を抑える酵素であるPDE5を阻害します。
バイアグラは、服用後1時間前後が最も効果が高まります。
1日1回服用し、服用の間隔は24時間以上あけるようにします。
バイアグラを服用して、4時間以上も勃起が続くようであれば、すぐに病院へ行って医師の診察を受けた方がいいです。
バイアグラのジェネリック医薬品がカマグラゴールドです。
ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことです。
後発医薬品は、先発医薬品の特許が切れた後に販売される医薬品です。
先発医薬品と有効成分が同じなのに価格が安いので、経済的な負担が少なくて済みます。
ジェネリック医薬品は、安全性と有効性がすでに確認された成分を使っているため、短い期間で開発が可能なのです。
そのため、先発医薬品に比べると安い費用で開発することができ、その分価格が安くなるのです。
前立腺肥大症は、前立腺が肥大する病気です。
前立腺が肥大すると、尿道を圧迫するので、排尿障害を起こします。
60代以上の患者が多く、ホルモンバランスの変化が原因だという説がありますが、詳しい原因は未だにわかっていません。
前立腺肥大症の治療は、大きく分けて薬物療法と手術があります。
前立腺肥大症の治療薬は、様々な製薬会社から販売されており、患者の症状に合った治療薬を使って治療を行ないます。
薬物療法の効果がない場合は、手術を行ないます。
手術には、主に電気メスが先端に付いている内視鏡を尿道から挿入して、肥大した前立腺を取り除く方法と、レーザー療法があります。
前立腺の大きさによって、開腹術を選択することもあります。