バイアグラ服用前の確認サイト

バイアグラの主成分はシルデナフィルです。勃起不全に効果があるとされています。また、副作用には身体のほてりや頭痛、めまいなどが報告されています。服用する際は服用するタイミングや効果時間も、知っておく必要があります。

バイアグラ服用前の確認サイト

バイアグラの成分シルデナフィルについて

バイアグラ 通販
↑バイアグラの購入は通販サイトが大変お得です

バイアグラの有効成分として使われているのは「シルデナフィル」という物質です。
バイアグラに含まれる際にはクエン酸シルデナフィルという形で利用されているのですが、ではこのシルデナフィルとはどういった物質なのかというと、まず薬理作用としては血管拡張作用があります。
EDに至るまでの過程は人それぞれであるものの、勃起が出来ないというED症状を緩和するには勃起しやすい体を作ってやれば良いとして考えることが出来るでしょう。
この勃起しやすい体を作るためには血管を拡張して血流量を増やし、勃起のために必要な血液を陰茎が確保してやることができれば良いわけです。
そのためシルデナフィルが有する血管拡張作用によって血流量を増やしてやれば、ED症状の改善につなげて行くことができるといった形になります。
ちなみにこのシルデナフィルは最初からED治療のために開発されていたわけではないという少し特徴的な開発史を有しているのも特徴です。
元々はアメリカの製薬会社が狭心症発作を改善するための血管拡張剤としてシルデナフィルの製造を行っており、実際、シルデナフィルが最初に行った試験では狭心症発作の改善作用についての試験が主目的となっていました。
しかし期待していたほどの治療効果は見られなかったために「これ以上開発を継続しても無意味だ」という判断が下されて試験薬の回収が行われたのですが、ここで試験薬を服用した男性被験者から薬を返したくないという意見が出てきたのです。
このことを奇妙に思ったスタッフはその理由についてのヒアリング調査を実施し、それによってシルデナフィルにはEDを改善する効果があることが判明しました。
当時はまだEDを治療できる薬はありませんでしたから、製薬会社はシルデナフィルをED治療薬として開発する方向に舵を切りました。
今でこそ当然のように使われるバイアグラも、最初はこうした偶然によって見つかった薬だったのです。

バイアグラの副作用を回避するには?

バイアグラは事前に注意さえしておけば問題無く服用できる比較的安全な薬なのですが、その副作用の中には極めて重大なものも含まれているため事前に確認しておくことが必要です。
特に過去にニュースにもなったバイアグラと硝酸剤の併用による死亡事故などは極めて重要なものですから、服用前には必ず知っておかなくてはなりません。
ではそうしたバイアグラによる副作用を回避するにはどうすれば良いのかというと、まず硝酸剤との併用による死亡リスクについては回避のしようがありません。
狭心症発作などを抱える人にとって硝酸剤を使わないということは現実的ではありませんし、そもそもバイアグラを服用してから発作が出たということになると病院などの医療施設以外では手の施しようがなくなってしまいます。
従って硝酸剤を服用している人に関してはまずそもそもバイアグラを服用しないというようにしなくてはなりません。
では別の副作用についてはどうかというと、これも明確に回避する方法というのはあまりありません。
バイアグラのもつ副作用としては頭痛やほてりといった血管拡張作用によってもたらされるものが多く、こうした副作用は正しく薬が作用しているために出てくるものです。
そのため「絶対に副作用が発生しないようにしたい」というのは極めて難しいと言わざるを得ません。
ただ一応の対策としては飲酒のように血管を拡張することを控えるということが挙げられます。
一応バイアグラ自体は適量の飲酒であれば問題ないとしていますが、アルコールには血管拡張作用があるために同時に摂取すると副作用が強く出てくる可能性があります。
またどうしても副作用がひどいという場合にはバイアグラ以外のED治療薬に切り替えるということも考えられますから、主治医に相談の上検討するようにしましょう。

バイアグラ服用前には性行為の時間を逆算すべき

バイアグラは適切に服用されれば高い治療効果を示すED治療薬ですが、ただ漫然と使うだけでは本来の効果を引き出すことはできません。
ではどういった使い方を心掛ければ良いのかというと、一番大切なのは「性行為の時間を逆算する」というポイントです。
まずバイアグラという薬は「服用後1時間で効果のピークを迎える」という特徴があります。
3~4時間が経過すると効果はピーク時の半分ほどになるのですが、このことをしっかり分かっていないとバイアグラの最も高い効果を示す時間に性行為が出来なくなるのです。
例えば22時に性行為に入るのであれば21時に服用するといった具合になります。
薬というと食後に服用するものだというイメージがあるためにバイアグラも食後に服用してしまう人が多いのですが、18時頃に夕食を取るということになると効果が落ちついて来てから性行為に入ってしまうケースが特に多いため、ここには特に注意が必要です。
また同様に注意したいのが食事の内容で、仮に性行為の1時間前にバイアグラを服用できたとしても直前の食事が好ましくないものだと効果が半減してしまうことになります。
好ましくない食事としては油分の多い食事や乳製品です。
これらの食事は胃に膜を張ってしまうためそれによってバイアグラの吸収効率が低下してしまい、本来の効果が出る時間が狂ったり、非常に小さな効果しか得られないということがあり得ます。
ちなみにアルコールに関してはそこまで忌避する必要は無く、泥酔するほど飲むというのは別問題としてたしなむ程度であれば問題が無いことがほとんどです。
バイアグラは正しく使われてこそその真価を発揮するものですから、しっかり使い方を理解したうえで服用するようにしましょう。

▼日本ではバイアグラ、レビトラに続いて認可された第3のED治療薬です
シアリス
▼バイアグラと同じ成分で安価なカマグラゴールドを使用しましょう
カマグラゴールド